ブログ

Weekly Report -10/09~10/15-

恥をさらします! お付き合いください

10月09日 金曜日

短編演劇のプロットに着手。12月無観客ライブ配信予定の「トイレ三部作」!内容をまだ書くことはできないが……情報収集のために、公衆トイレを何か所もはしごしたことだけはお伝えしておこう。そして、分かったことがある。人間は、トイレでふぅ~っと気を抜くのだ。モレスキンという手帳に万年筆で、僕は着想する。万年筆のインクが切れた。文房具屋で購入しファミレスで続きを書いた。1時間もいなかっただろう。僕は、トイレに5回も足を運んだ。

10月10日 土曜日

台風がそれた。昨日の時点でワークショップ中止の判断をしたので、少し肩透かしを食らった。参加予定だった皆さん、ごめんなさい。雨は降り続いている。しかも寒い。ついこの間まで暑くて死にそうだったのに、今日は寒くて死にそうだ。パソコンを打つ指先が鈍る。と、自分の遅筆を気象のせいにする。プロット執筆が行き詰っている。キャラクター表は昨日作り上げているのに、トイレという舞台で誰も動き出してくれないのだ。もう少し登場人物と会話を重ねてからストーリーを生み出そう。明日もその作業は続く。

10月11日 日曜日

ミステリードラマ『シェイクスピア&ハサウェイの事件簿 Season2 第2話』を観た。妻の浮気を調べて欲しいと依頼を受けた二人が、王国を模したライブ形式のRPG会場に潜入捜査する話だ。コメディとミステリーのバランスがとても心地よい本作! このテイストで僕も連続ミステリードラマを作りたい。しばらくそのチャンスはなさそうだが……。プロットは書きためておこう。

10月12日 月曜日

室積光氏の小説『ドスコイ警備保障』を読み終えた。笑えた。ウルッとした。とにかく登場人物がいい奴ばかりで応援したくなるのだ。ただドラマとして逆境や苦悩がないのが残念だ。すべてが順調に進みすぎている。キャラクターやドリーム感は潔くて気持ちがいい。乗り越えるべき難題や登場人物それぞれの苦悩を盛り込めば面白いストーリーになりそうだぞ。短編映画のアイデア出し……苦しんだなぁ。感動する話とラブストーリーを書こうとしたからだろう。僕はコメディとかミステリーとかのほう性に合っているんだなぁ。無理しちゃいけないなぁ……ワサビで鼻がツーンとするような閃きがないんだよなあ。

10月13日 火曜日

事業計画書を作成。いやいや、プロジェクトを遂行するためには資金が必要だ。生臭い話……お金をいただいて作品を制作し、その作品で新たなお金を生み出すのが、俺の仕事だ。中世の画家のようにパトロンがいた芸術活動とはわけが違う。俺のやっていることは芸術活動ではない。だから、その作品の価値はお金や視聴率などで簡単に評価できるのだ。だから、自己満足の面白いものよりも大衆が興味を示してくれる作品を考えなくてはならない。より多くの人に見てもらってなんぼの商売だ。ただ、企画書を書く時は知り合いの中から一人を選び、その人が興味を示してくれそうなものを考えながら立案する。大勢を相手にして立案すると、浅くて薄いものしかできない気がする。

10月14日 水曜日

絵本を読み漁った。ある人から勧められた『あらしのよるに』というオオカミとヤギの友情の物語だ。シリーズ化していて、読みごたえがあった。この絵本の感想は読書日記に譲るが……いやぁ、絵本て大人が読んでも考えさせられるものが多いなぁ。人間の本質みたいなものとか基本的な生きるためのルールとか、もちろん感情とか……忘れているんだぁ。絵本を読んでもう一度思い出すことを還暦に向けてのルーティンワークにしたい。

10月15日 木曜日

ワークショップの会場下見をした。区が管理している公共施設。安くて綺麗だ。だけど、予約は5カ月先だと係の人から言われ、正直ドン引きしてしまった。5カ月先の予定まで考えたことがない。五カ月先の○日○時からなんて、計画できるのだろうか? みんなそれをやっているんだろうなぁ、凄い。来週の約束でさえ、直前にならないと時間が決まらないその場しのぎの生き方してるのに5カ月先はなんて俺にはわからない。やめよう。予約したはいいがキャンセルばかりじゃ、信用なくすし相手に申し訳ない。どなたかひと部屋貸してくれないでしょうか。