短編小説

雨(星新一『ようこそ地球さん』より)

紀元4000年、地球は氷河期を迎えていた。誰もが食べることに困っている世界。貧しい夫婦は、タイムマシーンで1億5000年前へ! 食料として恐竜を捕まえて戻る途中……ちょうど紀元2000年頃を通過中……一体、何が起きるのか?

読書会

2000年後の未来と1億年前の過去と今の物語なんて、思考回路がショート寸前!
世界は冷たく凍っていても、人間の心は変わらず温かい。僕は✖✖✖な物語だと思うなぁ。ロマンチックだよ。
雨が○○なんて、ロマンチックなの?
そのオチ……普遍的テーマを描いてるんだよ、きっと。
きっとって、また適当に言って。
僕にはわからないけどさ。

一覧に戻る

興味のある方は、読んでみてはいかがでしょうか?
下のボタンをクリックすると、Amazonの購入サイトへ移行します。

Amazonで購入

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です