ことわざ

いろはかるた ― と ―

言い得て妙!
世代から世代へと言い伝えられてきた簡潔な言葉

ことわざは、とても短い文章でありながら表現にセンスとユーモアを含んだ物語です。人情の機微をついた鋭さを持ち、人生・社会・恋愛・感情などに風刺や教訓・知識を含んでいます。実を言いますと、ことわざから物語創作の源を多く見出してきました。みなさんも是非ことわざを味わい、日常生活に活用してみてください。

いろはかるたは、「色は匂へど散りぬるを、我が世誰ぞ常ならむ、有為(うい)の奥山 今日越えて、浅き夢見し酔(ゑ)ひもせず」の47文字と「」 を合わせた48文字を句の頭において作った 短歌のかるたです。地方の特色が表れているので、ここでは江戸(東京)・上方(京都、大阪)・尾張(名古屋)を比較してみたいと思います。

江戸(東京)

年寄りの冷や水

年寄りには不相応な危ないことをする、または年寄りが差し出がましいお節介をすることをいう。

上方(京都・大阪)

豆腐に鎹(かすがい)

豆腐に鎹を打ち込んでも、なんの手応えもないように、効果がないことのたとえ。

尾張(名古屋)

遠くの一家(いっけ)より近くの隣

親類と言っても遠くにいる親戚よりは、近くに住んでいる他人の方が親しみもあり、何かの時に頼りになるものだという意味。

おまけ(Kondo’s choice)

時は前髪でつかめ

良い機会は逃がさないようにしっかりと捕まえろということ。

僕の先輩でさぁ……「チャンスの神様に後ろ髪はない」って言ってた人がいたけど、まさにこれだね。
なに、その変な髪型!
え?……あ! ほんとだ。想像したら……チャンスの神様に会いたくなくなった。
会いなさいよ!
最新のことわざ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です