ことわざ

いろはかるた ― に ―

言い得て妙!
世代から世代へと言い伝えられてきた簡潔な言葉

ことわざは、とても短い文章でありながら表現にセンスとユーモアを含んだ物語です。人情の機微をついた鋭さを持ち、人生・社会・恋愛・感情などに風刺や教訓・知識を含んでいます。実を言いますと、ことわざから物語創作の源を多く見出してきました。みなさんも是非ことわざを味わい、日常生活に活用してみてください。

いろはかるたは、「色は匂へど散りぬるを、我が世誰ぞ常ならむ、有為(うい)の奥山 今日越えて、浅き夢見し酔(ゑ)ひもせず」の47文字と「」 を合わせた48文字を句の頭において作った 短歌のかるたです。地方の特色が表れているので、ここでは江戸(東京)・上方(京都、大阪)・尾張(名古屋)を比較してみたいと思います。

江戸(東京)

憎まれっ子世にはばかる

憎まれた者がかえって世の中で非常に幅を利かすという意味。

上方(京都・大阪)

二階から目薬

非常にまわり遠いことをたとえた句。ほとんど効き目のないこと。

尾張(名古屋)

憎まれっ子頭堅し(かみかたし)

憎たらしい者に限って、頑固で扱いにくいものだが、自己繁栄していくという意味。

おまけ(Kondo’s choice)

似合い似合いの釜のふた

この釜にはこのふたというように、物にはそれぞれに相応しい配偶があるものであるという意味。

全体的にネガティヴだから、釜のふたを選んでみたんだけど……どう?
ふう~ん。
ちなみに「われ鍋にとじぶた」ってのも同じ意味なんだけど……どう?
ふう~ん。
ちなみに「男年寄りは甕(かめ)の破片、女年寄りは鍋の破片」っていうのもあるよ。甕の割れたのは何の役にも立たないけど、鍋の割れたのは修理すれば役に立つから、男の年寄りよりも女の年寄りのほうが使い道があるって意味らしいけどね。
好きにして。おカマで、もおナベでも、おカメでも……なんだっていいわ。
最新のことわざ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です