ことわざ

いろはかるた ― は ―

言い得て妙!
世代から世代へと言い伝えられてきた簡潔な言葉

ことわざは、とても短い文章でありながら表現にセンスとユーモアを含んだ物語です。人情の機微をついた鋭さを持ち、人生・社会・恋愛・感情などに風刺や教訓・知識を含んでいます。実を言いますと、ことわざから物語創作の源を多く見出してきました。みなさんも是非ことわざを味わい、日常生活に活用してみてください。

いろはかるたは、「色は匂へど散りぬるを、我が世誰ぞ常ならむ、有為(うい)の奥山 今日越えて、浅き夢見し酔(ゑ)ひもせず」の47文字と「」 を合わせた48文字を句の頭において作った 短歌のかるたです。地方の特色が表れているので、ここでは江戸(東京)・上方(京都、大阪)・尾張(名古屋)を比較してみたいと思います。

江戸(東京)

花より団子

尾張(名古屋)

花より団子

風流よりも実益、外観よりも実質を重んじることのたとえ。また、風流を解さない人を批判するときの言葉。

上方(京都・大阪)

針の穴から天を覗く

自分の小さな見識で大きいことにのぞむという意味。

おまけ(Kondo’s choice)

早くて悪いは大事なし 遅くて悪いはなお悪し

物事をするのに早くて悪いのはさして不都合ではない、遅くて悪いのはそれ以上に悪いものであるという意味。

ほんと、最近、これで困ってるんですよ。分かりますよ。分かります、完璧なモノを作るためにギリギリまで粘るのは。でもですね、70%の段階で一度見せて欲しいわけですよ。ん? たとえば、企画書とかの話をしてるんですけど……。方向性とか直しながらやったほうがいいじゃないですか? 作り上げてからやり直すより。
はあ……
なかなか逆ってないんですよね。早くて良いものとか、遅くても完璧みたいなものって。つまりですよ、この言葉を肝に銘じて作業して欲しいわけですよ。
どうしたんですか、今日? なんか暑ぐるしいんですけど。誰のこと言ってるか知りませんけど、私に言われても困ります。
誰のことって、俺のことですよ。
最新のことわざ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です