ことわざ

いろはかるた ― ろ ―

言い得て妙!
世代から世代へと言い伝えられてきた簡潔な言葉

ことわざは、とても短い文章でありながら表現にセンスとユーモアを含んだ物語です。人情の機微をついた鋭さを持ち、人生・社会・恋愛・感情などに風刺や教訓・知識を含んでいます。実を言いますと、ことわざから物語創作の源を多く見出してきました。みなさんも是非ことわざを味わい、日常生活に活用してみてください。

いろはかるたは、「色は匂へど散りぬるを、我が世誰ぞ常ならむ、有為(うい)の奥山 今日越えて、浅き夢見し酔(ゑ)ひもせず」の47文字と「」 を合わせた48文字を句の頭において作った 短歌のかるたです。地方の特色が表れているので、ここでは江戸(東京)・上方(京都、大阪)・尾張(名古屋)を比較してみたいと思います。

江戸(東京)

論より証拠

口先の議論よりも証拠が大切だという意味。

上方(京都・大阪)

論語読みの論語知らず

書物の上での知識だけで、その真の精神を理解せず実行の伴わないこと。

尾張(名古屋)

六十の三つ子

年を取って子供のように無邪気になったり、聞き分けがなくなることをいう。

おまけ(Kondo’s choice)

ローマにいる時は、ローマ人のするようにせよ

風俗習慣はところによって変わるから、土地の習慣に従って行動しなさいという事。

When you are at Rome do as the Romans do.
いやいや、英語とか使わなくていいから。
郷に入っては郷に従え
それでいいじゃん。分かりやすいじゃん。
最新のことわざ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です