ことわざ

いろはかるた ― い ―

言い得て妙!
世代から世代へと言い伝えられてきた簡潔な言葉

ことわざは、とても短い文章でありながら表現にセンスとユーモアを含んだ物語です。人情の機微をついた鋭さを持ち、人生・社会・恋愛・感情などに風刺や教訓・知識を含んでいます。実を言いますと、ことわざから物語創作の源を多く見出してきました。みなさんも是非ことわざを味わい、日常生活に活用してみてください。

いろはかるたは、「色は匂へど散りぬるを、我が世誰ぞ常ならむ、有為(うい)の奥山 今日越えて、浅き夢見し酔(ゑ)ひもせず」の47文字と「」 を合わせた48文字を句の頭において作った 短歌のかるたです。地方の特色が表れているので、ここでは江戸(東京)・上方(京都、大阪)・尾張(名古屋)を比較してみたいと思います。

江戸(東京)

犬も歩けば棒にあたる

大した用事のない人でも、奔走していれば思いがけない幸運を掴むことがあるという意味。何かしようとする人が禍に遭うという意味でも用いるが、最近は前者のようなポジティブな意味に用いることが多い。

上方(京都・大阪)

一寸先は闇

目の前は真っ暗闇で、そこで何がおこっているかは全くわからないという状態をたとえて「先のことはまったく予測できない、見通すことができない」という意味。

尾張(名古屋)

一を聞いて十を知る

物事のほんの一部を聞いて、その全貌を悟る聡明な人のことをいう。

おまけ(Kondo’s choice)

いかの甲より年の功

年寄りというものは経験が豊かだから、何事でもよく心得ていることいった言葉。往々にして、学のある若い者のすることより、年寄りのすることのほうが正しい場合があるというような時に使われる。

おまけって何? おまけの割には全然響かないんですけど!
年を取るってことは、成長すること! 若い人には響かないか? 甲と功で、韻を踏んだラップな感じはどう響かない?
響きません。いかの甲って何ですか? 意味からすると若者が学んだことってことですよね? なんで、それがいかの甲なんですか?
だからラップだって。亀の甲より年の功っていう時もある。
そっれ、混乱します。カメの長寿と年寄りがダブって……。あなたのチョイスはいいから、江戸を語ろうよ。解釈が正反対って困るんですけど。
そこ、語りたくありません。
最新のことわざ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です