ことわざ

いろはかるた ― ち ―

言い得て妙!
世代から世代へと言い伝えられてきた簡潔な言葉

ことわざは、とても短い文章でありながら表現にセンスとユーモアを含んだ物語です。人情の機微をついた鋭さを持ち、人生・社会・恋愛・感情などに風刺や教訓・知識を含んでいます。実を言いますと、ことわざから物語創作の源を多く見出してきました。みなさんも是非ことわざを味わい、日常生活に活用してみてください。

いろはかるたは、「色は匂へど散りぬるを、我が世誰ぞ常ならむ、有為(うい)の奥山 今日越えて、浅き夢見し酔(ゑ)ひもせず」の47文字と「」 を合わせた48文字を句の頭において作った 短歌のかるたです。地方の特色が表れているので、ここでは江戸(東京)・上方(京都、大阪)・尾張(名古屋)を比較してみたいと思います。

江戸(東京)

ちりも積もれば山となる

小さなものでも積もると大きなものになるという意味。

上方(京都・大阪)

地獄の沙汰も金次第

尾張(名古屋)

地獄の沙汰も金次第

あの厳しい地獄の裁きさえも、金次第は責め苦にあわなくてすむので、すべて世の中は金次第でどうにでもなるものであるという意味。

おまけ(Kondo’s choice)

血をもって血を洗う

血で血を洗えば益々血まみれになる。それと同じように悪に悪で報いれば益々悪くなるという意味。

ちょっとお恥ずかしい話を……最初これを見た時、「皿をもって皿を洗う」って思ってしまった。
最近は食器洗い機があるから、皿を持たなくても洗えるもんね。
そういう意味じゃなくてさ。まあ、いいや。どうでもいいことだから。
揶揄っただけです。それよりさ、最近は何でも短縮して言うから「塵も積もれば山となる」のことを「ちりつも」って言いますよね。
本当に、なんの解説にもなっていないページを作り続けていいのだろうか。疑問。
意味がなくても続けましょ。チリツモですよ。
最新のことわざ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です