短編小説

星 新一『ようこそ地球さん』

文明の亀裂をこじあけて宇宙時代をのぞいてみたら、人工冬眠の流行で地上は静まりかえり、自殺は信仰にまで昇華し、宇宙植民地では大暴動が惹起している――人類の未来に待ちぶせる悲喜劇を、皮肉げに笑い、人間の弱さに目を潤ませながら、奇想天外、卓抜なアイデアをとりまぜて描いたショートショート42編を収録。現代メカニズムの清涼剤とも言うべき大人のための寓話集です。(Amazonより抜粋)

収録作品

  • デラックスな拳銃
  • 弱点
  • 宇宙通信
  • 桃源郷
  • 証人
  • 患者
  • たのしみ
  • 天使考
  • 不満
  • 神々の作法
  • すばらしい天体
  • セキストラ
  • 宇宙からの客
  • 待機
  • 西部に生きる男
  • 空への門
  • 思索販売業
  • 霧の星で
  • 水音
  • 早春の土
  • 友好使節
  • ずれ
  • 愛の鍵
  • 小さな十字架
  • 見失った表情
  • 悪をのろおう
  • ごうまんな客
  • 探検隊
  • 最高の作戦
  • 通信販売
  • テレビ・ショー
  • 開拓者たち
  • 復讐
  • 最後の事業
  • しぶといやつ
  • 処刑
  • 食事前の授業
  • 信用ある製品
  • 廃墟
  • 殉教

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です